日本のディスカウントストアチェーン、ドン・キホーテがアジア展開の波を開始し、バンコクで立ち上げ

バンコク—日本のディスカウントストアチェーンであるドンキホーテは金曜日にアジアでの拡大の波を開始し、バンコクにショッピングコンプレックスを立ち上げ、海外店舗の数を現在の200店舗から41店舗に増やすことを目指しています。

パンパシフィックインターナショナルホールディングスの社長兼最高経営責任者(CEO)である大原浩二氏は、香港、台湾、フィリピン、マレーシアにも出店する計画だと述べた。

バンコクの高級住宅街にあるドンキモールトンラーは、当初、パンパシフィックのドンドンドンキディスカウントストアブランドに支えられた34のテナントを収容します。 大原氏は、タイ初のドン・ドン・ドンキの年間売上高が2億円(18万ドル)になると見込んでいます。

パンパシフィックの初代会長兼最高顧問である安田隆夫氏は、「タイは東南アジアで最も市場性の高い国だ」と述べた。 「ここで複数の店舗を開くことを引き続き検討します。」

約28,000平方メートルのショッピングセンターは、パンパシフィック航空、タイの塗料メーカーTOAグループ、日本の駐車場開発会社の現地子会社の合弁会社によって運営されます。

タイは、パンパシフィック航空が米国とシンガポールに次ぐ1番目の海外進出を果たしています。 日本は2018年にXNUMX万人以上のタイ人観光客を受け入れ、これらの人々の多くは、遅くまで営業しているドンキホーテの店でキャンディーや化粧品などのお土産を購入しました。

SOURCE日経アジアレビュー
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/