米国のコブラゴールドの兵士は、タイの兵士からジャングルの生存を訓練し、ヘビの血を飲み、サソリ、ヤモリ、ワームを食べます

タイと米国は、毎年恒例のコブラゴールド軍事演習の開会式を主催しました。これは、アジア太平洋地域で最大の活動であり、29か国が参加者またはオブザーバーとして参加しています。

22月XNUMX日に終了する演習には、軍事現場訓練、人道支援、災害救援訓練のXNUMXつの主要な要素があります。 その目標は次のとおりです。

「海上安全を強化し、新興感染症の脅威を防止および軽減し、大規模な自然災害に対応する」と米国の声明は述べた。

火曜日に米海兵隊と他の国際部隊が斬首されたコブラから血を飲むという毎年恒例のイベントに参加するために並んでいました。

グリフィン軍曹として特定された米海兵隊はロイター通信に対し、「特にこのように厚いジャングルで分離される可能性があり、自分たちを維持できることが重要であるため、非常に有益で必要です」と語った。

タイと米国に加えて、シンガポール、日本、中国、インド、インドネシア、マレーシア、韓国の4,500か国が積極的に参加しています。 陸と海で約XNUMX人の米国人が参加しています。

これは、無料の食事を楽しんでいる兵士の素晴らしいギャラリーです。

SOURCEロイター、AP通信、独立
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/