Na JomtienSewerで見つかったロシアの手榴弾の疑い

パタヤ:–ナジョムティエンの爆弾処理班の警官は、下水道で見つかったロシアの手榴弾の疑いを確保しました。

爆発物条例局の職員は、30月25日カオマラコの隣の深さXNUMXセンチの道端の谷で見つかったテープで覆われた球形の爆弾を無力化することに成功した。

EODの警官は、そのような装置はこれまで見たことがなく、ロシアから輸入されたのではないかと疑っていた。 警官は、手榴弾が前方の道端の検問所を見つけた誰かによって捨てられたと推測しました。

 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/