タイの主要小売店に来る高度な顔認識を使用した自分撮りチェックアウト

バンコク-

 

タイと中国の主要な小売業者は、顧客に新しい支払い方法を提供するために協力しています。 彼らは人々に彼らの財布を片付けて、単に彼らの顔を見せることによって買い物をするように頼んでいます。

このシステムは、年末までにタイで発売される予定です。 顧客はまず自分の顔の画像をオンラインで登録します。 次に、チェックアウト時に、カメラが顔をスキャンしてデータベースと相互参照し、一致する場合は銀行口座から自動的にお金を受け取ります。

「それはとても簡単です」とCentralJDFintechのCEOであるRungruangSukkirdkijpiboonは言います。 「私たちは現金を運ぶ必要はありません。 私たちは個人のアイデンティティを使用するので、盗む問題はなくなります。」

この動きは、中国のオンライン小売業者であるアリババや日本のメッセージングアプリサービスであるLINEなど、タイで電子決済を提供する企業のリストが増えていることから始まります。

しかし、オンラインの批評家は、プライバシーと、消費者の場所と購買習慣を追跡する潜在的な能力について懸念を表明しました。

ビデオは、中国の試験小売業者が技術を実演しているところを示しています。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/