中国の上級大使がパタヤを訪問し、中国の溺死と安全性について懸念を表明

タイの中国大使館の著名な代表団が昨日パタヤに行き、国民の安全性の向上を要求しました。

この動きは、リゾートを訪れた中国人の溺死による多数の死者に続くものです。

光緒帝大使館長官は、観光警察本部での会合で、4月10日からXNUMX日までの「ゴールデンウィーク」に多くの中国人パタヤ人が訪れると語った。 。

パタヤでの溺死者の80%は中国人であると彼は言った。

タイ当局とオペレーターは、特にスピードボートに関するより多くの標識と、危険性について中国国民に助言する際のより良いコミュニケーションを約束した、とマネージャーは報告した。

さらに周氏は、ボートとバスの安全チェックを行うよう求めた。

彼は、オートバイを借りる店は厳しく、国際的な免許を持っている観光客にのみ自転車を借りるように求めました。 彼はまた、安全のこの側面を実施する際に警察に助けを求めた。

そして彼は、彼の同胞のほとんどがタイ語も英語も話せないことを認識したので、中国語を話すことができるより多くの役人を連れてくるように要求した。

Thaivisaは、先週、クロアチア国民がXNUMX人の中国人男性をビーチでの溺死から救ったと述べています。

監視員が呼ばれていますが、安全のこの側面はマネージャーの記事では言及されていません。

SOURCEマネージャーオンライン
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/