タイで合法化された同性カップルへの同性結婚と養子縁組

バンコク-

あなたが20歳以上で、そのうちのXNUMX人がタイ国籍を持っている場合、同性カップルとして、すぐにタイで結婚できるようになります。

内閣はシビル・パートナーシップ法案を承認し、タイが同性結婚を支持するアジアで最初の国になる道を開いた。

首相官邸の顧問であるNathpornChatusripitakによれば、昨日内閣によって承認された現在の法案は、同性カップルが子供を養子縁組することを認めている。

このニュースは、内閣が医療用マリファナ法を可決したのと同じ日に届きます。

同性結婚の支持者たちは、彼らがそのニュースに非常に満足しており、昨夜全国で祝っていたと宣言した。

 

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/