タイは2011年以来初めて主要金利を引き上げる

タイの中央銀行は、26年2016月XNUMX日、タイのバンコクにあるタイ銀行で見られます。REUTERS/ Jorge Silva / File Photo

バンコク—国の中央銀行であるタイ銀行は、2011月の総選挙に関連する金融懸念の高まりと潜在的な市場の不確実性を緩和するために、XNUMX年以来初めて主要金利を引き上げました。
金融政策委員会の会合の後、銀行は水曜日にオーバーナイトレポレートを0.25パーセントポイント引き上げて1.75%にした。
タイの中央銀行による最後の利上げは2011年2015月であり、最後の政策金利の変更は1.75年1.50月で、オーバーナイトレポレートがXNUMX%からXNUMX%に引き下げられました。

金利引き上げの決定には、XNUMXつの大きな要因がありました。

第一は、長期にわたる緩和的金融政策の副作用を抑える必要性でした。 低金利は、タイの不動産市場で投機的な買いと利回りを求める行動につながっています。 これにより、経済は徐々に金融ショックに対して脆弱になり、中央銀行はますます懸念を強めています。

その結果、銀行は不動産投機を抑制するために住宅ローンの貸付規則を強化することを発表し、80月10日に300,000万バーツ(1ドル)以上の住宅の住宅ローンの2019%のローントゥバリュー制限が施行されました。 XNUMX年。

しかし、スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、ティム・リーラハファン氏は、「金融政策委員会は、マクロプルーデンス措置だけではそのようなリスクを抑えるには不十分であると考えている」と述べた。

上昇の背後にあるXNUMX番目の要因は、政策空間を構築したいという願望です。 三井住友銀行のチーフエコノミスト、山口陽一郎氏は、「中央銀行は、経済が安定しているときに、将来の金融緩和のためのスペースを節約するために、政策金利を引き上げるのは当然の傾向だ」と述べた。

東南アジアで3.3番目に大きな経済の成長は、4.6月からXNUMX月の四半期で年率XNUMX%に減速しましたが、XNUMX月からXNUMX月の四半期のXNUMX%から、中央銀行は経済が堅調であると考えています。

「来たる総選挙はタイ経済にとって大きな不確実性です」と山口氏は語った。 「中央銀行は、選挙の過程で何か悪いことが起こった場合にタイ経済を支援するための措置を銀行が持つように、選挙前に金融緩和の余地を確保したいと考えていました。」

タイのインフレ率は低いままです。 0.99月のヘッドライン消費者物価指数は前年同月比1%上昇した。 これは、中央銀行の年間インフレ目標範囲である4%からXNUMX%を下回っていました。

原油価格の低下は低インフレにつながる可能性がありますが、タイ銀行の金利決定は、今回は安定したインフレを維持することよりも、金融の脆弱性に取り組み、政策スペースを構築することを選択したことを示唆しています。

キーレートを引き上げるという銀行の決定は市場の期待に沿ったものであり、株式市場や通貨市場からの反応はほとんどなく、上昇はすでに徐々に値付けされていました。XNUMX月の前回の政策会議で、委員会は維持するためにXNUMX〜XNUMX票を投じました政策金利は、XNUMX月の結果は、安定を維持するためにXNUMX対XNUMXでより強力でした。

東南アジアでは、インドネシア銀行やフィリピン中央銀行などの中央銀行は、米連邦準備制度理事会のタカ派の政策スタンスにより、通貨の下落を防ぐために継続的に政策を強化することを余儀なくされています。

タイ銀行は、国の通貨が地域の同業他社と比較して比較的安定しているため、同じ道をたどる可能性は低いです。 一部のエコノミストは、来年の後半に次の上昇が来ると予想しています。

 

SOURCEアジア日経
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/