東南アジアで最悪のタイの道路死亡者、世界保健機関が明らかに

報告書によると、タイの人口100,000万人あたりの死亡率は32.7であり、26.7番目の2.8であるベトナムをはるかに上回っています。 シンガポールはXNUMXで最も安全でした。

タイの数値は、32.6年前の前回のWHO調査で、リビアに次ぐ世界でXNUMX番目に高い道路死亡率を示したXNUMXからわずかに上昇しました。

リビアの道路死亡率は、最新の調査では26.1万人あたり100,000人に減少しました。 新しい調査では、世界のほんの一握りの国がタイよりも悪化しました。その中には、リベリアが35.9、コンゴ民主共和国が33.7でした。

2016年のデータの包括的な分析に基づいて、ブルネイだけがWHOの交通安全に関するグローバルステータスレポートで調査された東南アジアの州に含まれていませんでした。
この国の高い致死率により、東南アジアの100,000万人あたりの平均道路交通死亡率は20.7になり、19.8年の前回の調査である2013からわずかに増加しました。

今年の報告によると、地域別では、100,000万人あたりの道路死亡者数が26.6人と多いのはアフリカだけでした。 最も安全な場所はヨーロッパで、9.3万人ごとに100,000人が死亡しました。

この調査では、175か国から情報が収集されました。

疾病管理局から収集された数字によると、モーターサイクリストとその乗客はタイの全道路死亡者の74%を占め、自動車と軽自動車の乗客はわずか6%でした。 WHOによると、歩行者とサイクリストがそれぞれ死亡の8%を占めています。

報告書によると、高額な料金は、タイでの飲酒運転、オートバイやライダーのヘルメット着用、シートベルトの使用に対する法執行の弱さの結果であるとのことです。
国内ではオートバイの運転手と乗客の51%だけが安全ヘルメットを着用しており、車の運転手と助手席の乗客の20%がシートベルトを着用しているとのことです。

WHOによると、世界中で交通事故が5〜29歳の子供と若年成人の主な死因となっています。

 

SOURCE世界保健機関
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/