タイの外相は、次の選挙で外国のオブザーバーの必要はないと言います

バンコク —外務大臣は水曜日、XNUMX月に予定されている選挙に外国の選挙監視員を派遣することは「不吉」であると述べた。

ドン・プラムドウィナイ氏は、タイには尊厳があり、問題のある国ではないため、外国の監視員は必要ないと述べた。

「現政権はクーデターから生まれたが、世界の他のクーデターとは違う。大多数に影響を及ぼすほど過度に権利を禁止したり剥奪したりしないからだ」とドン氏は語った。

2001 年、2005 年、2007 年、2011 年の前回の選挙は、アジア自由選挙ネットワーク (ANFREL) によって監視されました。 バンコクに本拠を置くANFRELは、最後に成功した選挙である60年にアジア24カ国から2011人の監視員を派遣した。

ドン氏のコメントは、自由で公正な選挙を確保するために外国監視団をサウジに滞在させるよう数カ月にわたって呼びかけられてきたことに応えたものである。 同氏は選挙は内政問題であるとし、軍事政権を擁護する前に地元監視員を支持すると述べた。

「何人かの大使は私と話し合い、不敬罪法の問題を提起し、表現の自由を制限するこのような法律がなぜ存在するのかと尋ねました。 私は彼らの国に具体的な対策がないのかと尋ね、タイ人は不敬罪法をよく知っていると答えた」とドン氏は語った。 「反対する人の数を数えてみれば、ほんの一握りであることがわかるでしょう。 では、大多数がそれを問題だと考えていないのに、どうしてそれが問題になるのでしょうか?」

ドン氏は、政治集会の禁止は国が前進するために課されたものであり、過去XNUMX年間意見表明に制限はなかったと付け加えた。

同じ日、タイ貢献党のナコーン・マチム議員は、約束されたXNUMX月の投票を監督するためにタイに選挙監視員を派遣するよう米国政府に要請した。

ナコーン氏はピサヌローク県の元民主党議員で、最近タイ貢献党に入党した。 同氏は水曜日、タイ米国総領事館の政治・経済・広報担当官ヴィ・L・ジェイコブズナン氏と会談し、同州での会談中に書簡を提出した。

ナコーン氏は後に記者団に対し、2014年XNUMX月にクーデターを引き起こし現在も政権を握っている軍事政権が手続きをコントロールしている可能性があると考えているため、投票が自由で公平なものではないことを懸念していると語った。 ナコーンさんは、ジェイコブズ=ニャンさんからメッセージと手紙を当局に伝えると言われたと語った。

SOURCEカーウソット英語
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。