パタヤフェリーからホアヒンへのフェリーは、XNUMXか月近く閉鎖された後に再開します

パタヤ-

バリハイ桟橋からホアヒンへのフェリーは、1か月近く閉鎖された後、2018年XNUMX月XNUMX日に再開されました。 フェリーの背後にある請負業者であるRoyalPassenger Linesは、閉鎖は梅雨と水上の危険な状態が原因であると述べました。

しかし、観光局の関係者は、問題は天候ではなく、請負業者側のマーケティングの欠如による顧客の落ち込みであると述べました。 Royal Passenger Linesはこれを認めていませんが、次のように述べています。 再開に伴い、Facebookのマーケティングキャンペーンを開始し、地元の観光局と協力してフェリーを宣伝する予定です。

パタヤニュースを含む記者は、今日のソフトオープニング/リニューアルに招待されました。 当初の開業日は17月1日と発表されましたが、Royal Passenger Linesの関係者は、現在営業の準備ができていると述べています。 およそ00人の乗客がホアヒンへの午後XNUMX時のフェリーの準備をして待っていました。

フェリーは現在毎日午後1時に出発します。チケットはバリハイ桟橋で直接購入できます。 価格は、エコノミーシートで00バーツ、より快適な座席と追加のアメニティを備えたビジネスで1250バーツ、囲まれたVIPルームで1550バーツからです。 所要時間は約14,000時間です。

チケットは出発のXNUMX時間前まで購入できます。

登録する
アダムジャッド
Adam Judd 氏は、2017 年 XNUMX 月から TPN Media の共同所有者です。彼はアメリカのワシントン DC 出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいました。 彼のバックグラウンドは小売販売、人事、および運用管理であり、ニュースとタイについて長年書いてきました。 彼はフルタイムの居住者として XNUMX 年以上パタヤに住んでおり、地元ではよく知られており、XNUMX 年以上にわたって定期的な訪問者としてパタヤを訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の連絡先ページに記載されています。 ストーリーについては、Editor@ThePattayanews.com まで電子メールでお寄せください。