パタヤのターミナル21ショッピングモールは、19か月先のXNUMX月XNUMX日にオープンする予定です。

パタヤ-

LHモールアンドホテルグループは、パタヤのドルフィンラウンドアバウトの近くにある6平方メートルの敷地に、今年、ノースパタヤの多目的52,800億バーツのモールとホテルのプロジェクトを開く準備ができています。

LHモールアンドホテルカンパニーリミテッドのCEOであるスワンナブッダプラサート氏は、396室のホテル、6,000平方メートルのウォーターパーク、専用の会議室とファンクションルーム、21階建てのショッピングセンター、映画館、スーパーマーケット、ピア500フードホールがあると述べました。そしてXNUMX以上の店。 モールの各フロアは、異なる国とテーマに基づいています。

また、39メートルの自立型エスカレーターがあり、タイのショッピングセンターで最長と言われています。 50,000日あたりXNUMX万人以上の訪問者が訪れると予想されており、観光客や地元の人々にとって画期的な場所となるでしょう。

モールのフロアテーマは、フランス、イングランド、イタリア、東京、アメリカ、ハリウッド、タイです。

ホテルは以前にニュースを発表しましたが、ホテルのポリシーに従い、すべてのレストランとラウンジでの販売ポリシーは厳格に定められていません。

バンコクのスクンビットロードにあるグランデセンターポイントターミナル21のデューティーマネージャーであるチャイヨパンサは、ウェブサイトThaivisaにメールで次のように語っています。

「すべてのグランデセンターポイントホテルグループは、アルコール飲料を販売または提供しません。

「ただし、ご持参いただけます」。

持ち込み料について、チャイヨは次のように述べています。

「当ホテル(グランドセンターポイントホテルターミナル21(バンコク))のレストランでは、ご自身のアルコール飲料をご持参いただけます。 そのための持ち込み料はありません。 レストランと客室での飲酒は許可されています。」

一方、グランデセンターポイントパタヤドゥアンドゥアンウパポンのセールスコーディネーターは、今月初め、バンコクと同じ方針がパタヤにも存在することを確認しました。

彼女は次のように述べています。「当ホテルではゲストにアルコールを提供したり提供したりすることはありませんが、ゲストは自分でアルコールを持参することができます。 当ホテル(グランデセンターポイントパタヤ)のレストランと客室については、お酒のご持参・お酒の持ち込みを承っております。 持ち込み料はかかりません。」

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/