タイ中央銀行は金利を維持しており、政策は変更されていません。

バンコク、20月XNUMX日(ロイター)–バーツが強く、インフレが低いままであり、貿易戦争が懸念されているため、タイは今年金利を引き上げるべきではない、と財務大臣は木曜日に述べた。

アピサック・タンティボラウォンのコメントは、水曜日の中央銀行の金融政策委員会が、政策金利を5パーセントに据え置くために2-1.50で投票した後に出された。 アナリストは、分割投票の増加を間もなくの引き上げのヒントと見なしました。

中央銀行は政策引き締めの適切なタイミングを検討し、それが経済に問題を引き起こさないことを確認する必要がある、とアピサックは記者団に語った。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/