観光船がプーケットから沈み、何十人もの観光客が行方不明になり、死ぬのを恐れた

ダイバーは、木曜日の午後の激しい嵐の後で行方不明になっている50人以上の乗客を求めて、タイ南部の沖合で沈没したボートの船体を探しています。

フェニックスのPCダイビングボートは、プーケットのリゾートアイランドの沖合で、嵐が16メートル(XNUMXフィート)もの高さの波を打ち上げ、船に衝突してキールオーバーしたときにトラブルに見舞われました。
転覆した船には、105人の観光客、93人のガイド、11人の乗組員を含むXNUMX人の乗客が乗っていたと考えられていました。 多くはタイのリゾートで休暇をとっている中国人観光客であると考えられていました。
タイ海軍のFacebookページに投稿されたシーンの画像は、乗客が膨脹可能な救命いかだに明るいオレンジ色の救命胴衣を着ていることを示していました。
プーケットのチャロン州警察署の副署長であるソムサック・ソファカーン警察中尉は木曜日、48人が救助されて岸に連れて行かれたと述べた。
タイ海軍、海兵隊、地元の漁師は木曜日の夜に残りの乗客を捜索したが、夜遅くに彼らの活動を中止した。
彼らは金曜日の朝に再び捜索を再開し、ヘリコプター、漁船、ダイバーを派遣して海を洗った。
観光客は沈没船から救助されました。
中国の国営メディアは金曜日に53人の中国国民が死亡し、53人が行方不明であると報じた。 新華社通信によると、行方不明の50人のうち、XNUMX人は中国人観光客であり、ソンクラーの中国総領事館を引用している。
タイ気象局によると、気象衛星は木曜日を通してプーケット沖で多数の雷雨を示しました。
他のXNUMX隻のボートも木曜日に転覆した。 しかし、新華社によると、これらの船に乗っているすべての乗客は救助されました。
ビーチや豪華なリゾートで知られるプーケット島は、タイで最も人気のある観光地のXNUMXつです。
SOURCECNN
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/