フランス人観光客がパタヤで販売されているナチスギアについてタイの警察に不平を言う

パタヤ-

フランス人のアレクサンドル・ジャンデンさん(34)は、最近の休暇中にパタヤの道端の店で前の写真を見つけて写真を撮りました。

彼は、これがパタヤとタイで売られていることに非常に腹を立てており、それがパタヤにひどく反映されていると感じていると述べています。 彼は画像を持って観光警察に行き、なぜこれらをここで販売することを許可するのかと尋ねました。

警察は公式声明で、ナチスのシンボルとアイテムは多くの国で禁止されていることを理解しているが、タイの法律に​​違反しておらず、タイでも禁止されていると述べた。 しかし、彼らは、偽造品は法律に違反しており、法的措置の対象であると述べました。 彼らは、写真が撮られたこの個々の店を調べるかどうかを具体的に述べていませんでした。

おわりに

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/