1年2018月XNUMX日の時点で、パタヤのすべてのボートはバリハイ桟橋でピックアップおよびドロップオフする必要があります。

パタヤ-

24月1日火曜日、パタヤ市当局、警察、観光警察、陸軍および政府当局者が出席した市役所での会議で、パタヤのすべてのボートは、バリハイ桟橋でピックアップおよびドロップする必要があると宣言されました。 XNUMX月XNUMX日発効のウォーキングストリートの近くにあります。

これには、すべての中国ツアーグループが降車して持ち帰ったもの、パラグライダーオペレーター、民間の観光客を島に連れて行く人々などが含まれます。ただし、ジェットスキーオペレーターはプライベートボートではないため、含まれていません。

当局は、遵守しなかった場合、ボートが拘束され、懲役と罰金が科せられる可能性があると述べています。

当局によると、これは観光客や地元の人々の朝のウォーキングやジョギング体験を改善し、パタヤの全体的な海の景色を改善するでしょう。

地元の住民はかなり前からこれを求めてきました、そして強制されれば地元のコミュニティは非常に喜ぶでしょう。

さらなるアップデートを提供します。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/