ロシアの女性がプーケットでセブンイレブンで自分の喉を切り裂き、ビデオでキャプチャ(グラフィック)

プーケット-

41歳のロシア人観光客OksanaFeoktistavaは、7日金曜日の午前11時にナイフを手に持って、プーケットのセブンイレブンの店に静かに足を踏み入れ、恐怖のスタッフと常連客の前で喉を切り裂きました。 女性を止めさせようとしているビデオで聞くことができるスタッフは、すぐに救助隊員と警察に電話をしました。

驚くべきことに、女性は生き残り、安定した状態にあり、救助隊員はすぐに彼女をワチラプーケット病院に連れて行くことができました。 医者はなんとか深刻な切り傷を縫うことができました、そして、彼女は病院で回復しています。 彼女は警察やロシアの翻訳者と話すことを拒否し、彼女の大使館と家族は通知を受けました。 彼女は現在、病院で自殺監視下にあります。

警告:ビデオが邪魔になる場合があります。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/