恐ろしいバス火災で20人のミャンマー移民労働者が死亡

ターク県-

 

警察によると、タイ北西部でバスが発火し、ミャンマーからの移民労働者XNUMX人が死亡した。

バンコクポスト紙によると、ターク県で午前1.30時XNUMX分ごろ、貸切バスが炎に包まれたとき、労働者はバンコク近郊の工場地区に旅行していた。

警察のスポークスマンであるクリサナ・パッタナチャロエン大佐は、47階建てバスは27人のミャンマー人労働者を運んでおり、そのうちXNUMX人はなんとか地獄から逃げ出したと述べた。

火災の原因はまだわかっていないと彼は言った。 当初の報告によると、バスのエンジンに欠陥があり、発火し、車両全体に急速に広がりました。

警察によると、火災は非常に激しいため、死者を特定するには専門家が必要になるとのことです。 現場のある警官は毎日、男性と女性の死体を区別できないと語った。

当局は、火災を生き延びた運転手にインタビューすることを計画していた。

生存者のPaPa Hlaingは、AP通信に電話で事故について説明した。 彼女は、何人かの乗客が何か燃えるようなにおいがしたが、それが外からの煙であると思ったので眠りに戻ったと言った。

「私たちが眠っていたとき、バスの後ろから何人かの人々が「火事、火事」と叫び始めました、そして私たちが目覚めたとき、煙はすでにバスを満たしていました」とミャンマーの19歳は言いました。 「私たちは何も見えず、呼吸もできませんでした。 私たちはできるだけ早くバスから降りようとしました。 私たちはバスのドアに向かって急いでいました。 そのバスから実際にどうやって降りたのかさえ覚えていません。 ランダムに走り回っていたので、足全体に打撲傷がありました。 そして、バスを降りてからXNUMX分後、炎がバスを飲み込んだ。」

「私たちの服はすべてバスに乗っていました。 一部の人々のパスポートもなくなった」と金曜日の午後にタクの警察署にいたPaPaHlaingは言った。 パスポートを紛失した人はミャンマー国境の町に戻されて新しい書類を入手し、パスポートを持っている人は予定通りバンコクに行くと彼女は言った。

日本のプラスチック玩具メーカー、トミー(タイ)が所有する工場に乗客が向かったと語ったパ・パ・ライン氏は、「しばらく働く必要はなく、滞在できる」と語った。 彼らは私たちの服や私たちがそこで必要とするものの代金を私たちに支払うでしょう。」

バンコクのミャンマー大使館の労働者事務所で働くMoeAung Khineは、生存者のほとんどが軽傷を負ったが、XNUMX人が入院したと述べた。 彼は、彼の事務所が犠牲者の家族に知らせ、葬儀の手配をし、犠牲者の補償について交渉しようとしていると述べた。

「私たちは遺体を特定しようとしています。また、遺体を特定するためにミャンマー領事館に連絡しようとしています」とクリサナ大佐は言いました。 「彼らは仏教徒なので、そこでの宗教儀式のために彼らを故郷に送り返す必要があります。」

金曜日に殺害された労働者は、国内で働くための長い新規登録プロセスを通過し、法的な労働許可と国内での許可を得ていたと報告書は述べている。

これは、過去XNUMX週間でXNUMX番目に大きな二階建てバスの事故/問題であり、定期的な安全チェックの欠如と車両のメンテナンスの両方が関係している複数の死者が出ています。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/