2011年の原発事故後、世界で初めて福島から魚を入手したタイ

魚は放射線を含まず、バンコクのシーフードレストランで販売されていると述べています。

タイ-

タイは、2011年XNUMX月の福島第一原子力発電所事故後、この地域を汚染した津波の後、日本の福島県から新鮮な魚の出荷を受けた最初の国です。

時事通信社によると、水曜日(110月28日)にXNUMXkgの新鮮なヒラメがタイに輸出された。

魚は先週の金曜日にバンコクの12の日本食レストランで寿司と刺身料理で提供されることを意図されていました。 さらなる出荷は、バンコクの寿司と日本食レストランで販売される予定です。

相馬市漁業協同組合のタチヤ漢字会長は、「都道府県から世界中に魚を売ることができてうれしい」と語った。 「安全な魚を出荷します」と彼は付け加えました。

ヒラメは福島の定番魚であり、原発事故前は高値をつけていたと朝日新聞は報じた。

2011年、東京電力の福島工場の9基の原子炉が、マグニチュード15,000の地震が日本を襲った後、溶けて津波を引き起こし、日本の北東海岸線を壊滅させました。 XNUMX人以上が死亡した。

 メルトダウンにより爆発が発生し、放射性物質が投棄された後、約160,000万人が家を追われました。

震災後、日本は一部の農水産物の輸出を停止せざるを得なかった。

福島の漁師は2012年2015月に試験的に仕事に復帰しました。日本の当局によると、XNUMX年XNUMX月以降、日本の安全基準を超える放射線レベルのシーフードは見つかりませんでした。

昨年(2017年)10月、県の水産協会は、自主的な漁業禁止の対象地域を、原子力発電所から半径20kmではなく半径XNUMXkmに半減させたとジジは報じた。

私たちパタヤのニュースは今のところまだ魚を伝えるかもしれません。

SOURCEストレイツ・タイムズ
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/