パタヤ市はラーン島の入場料を検討します

パタヤ-

ラーン島は現在、パタヤの最大の魅力です。 それはしばらくの間その方法であり、毎日島を訪れる観光客の複数のフェリーボートの負荷と同様に人々を降ろすスピードボートで否定することはできません。 何千人もの観光客がこの小さな島に集まり、ビーチや地元のおもてなしを楽しんでいます。

しかし、島のインフラが崩壊しているため、廃棄物を適切に処理できない廃棄物の蓄積の問題(現在も都市に影響を与える問題)と住民の適切な水管理の欠如、そして10,000日あたりXNUMX万人の観光客が見込まれています島の都市は、問題に正面から取り組むのに十分な資金を調達することができません。

ラーン島の地元住民は、多くの観光客、特に中国人(私たちではなく彼らの声明)がすべてのゴミをビーチや通りに置き、適切に処分せず、自然の美しさを考慮していないと報道機関や市役所に述べています島やビーチの。

以下に見られるのは、島へのフェリーに乗るための現在の料金で、ほとんど30バーツに設定されています。 このフェリーの料金は、島への入場料に追加されます。

したがって、市役所のすべての著名なメンバーが配置された最近の市議会会議で提案されたのは、観光客にラーン島に入るように請求する提案でした。 この料金には、フェリーを島に運ぶための現在の料金は含まれていません。この料金では、フェリーオペレーターのみがお金の一部を受け取り、島のインフラストラクチャにお金は行きません。 この提案された料金には、タイ国民も含まれていません。 非観光ビザを持つタイの永住者も料金を支払うかどうかは不明です。

料金の正確な金額は現時点では述べられていませんが、代わりに島の問題の解決策として議論されています。 この解決策は、今後数週間にわたって市役所で議論され続け、その時点で投票に行く可能性があります。 そうは言っても、次の旅行でラーン島を訪れる喜びのために数百バーツを払っている可能性があります。

現在、これは単なる提案であり、当面は何も変更されていないことに注意することが重要です。

今後も更新していきます。

Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/