英国人、30歳のタイ在住、喧噪に住んでいて、ブリアムを歩くことができない人は助けを求めています

ブリアムの現在の家にいる65歳のマーティン・アンダーソン氏。

ブリラム-

外国人男性と彼の妻、タニヤラック・サラパンヤさんは、一般の人々に援助を求めています。 65歳のマーティン・アンダーソン氏は、5年以上合法的にタイに住んでいます。 彼は主にパタヤ地域の多くの企業に雇用されています。 XNUMX年前、彼は妻に会い、結婚し、彼らはブリアムに移り住み、一緒に暮らしました。 彼らには現在学校に通っている幼い子供が何人かいて、学年レベルXNUMXであると報告されています。

最近、体重200kg以上でしばらく歩けなくなったアンダーソンさんが、バスルームが大きく転倒し、まったく歩けなくなった。 彼は働くことができず、貯金を使い、歩くことができないことと体重のために苦労しました。 彼の家は賃貸されており、所有されておらず、家族はXNUMXか月間家賃を支払うことができず、現在、子供たちと一緒に行く場所がなく、小作農に直面しています。

アンダーソン氏は、彼が大使館に援助を求めたが、彼が旅行したり歩いたりすることができないので、彼らは彼を助けることができず、現時点では彼を訪問していないと述べた。 さらに、彼の妻も最近の事故のために盲目であり、同様に働くことができず、彼の唯一の世話人および提供者のままです。

アンダーソン氏は、企業向けのオンライン広告を掲載する仕事に戻りたいと考えていたため、ラップトップを購入するお金がありませんでした。 ブリアムの彼の村の地方自治体と隣人、そしてGrateful GratitudeFoundationの有名なメンバーであるBhinBannruennit氏は、オンラインではあるが仕事に戻ろうと試みることができるように、団結して中古のラップトップにお金を提供しました。

 

地元の役人は、アンダーソン氏が働くことができるようにラップトップの購入を支援するために家族にお金を寄付しています。

そうは言っても、家族はまだ悲惨な時期にあり、彼らの延滞家賃を支払い、アンダーソン氏が運動に戻ることができるように彼の転倒のための治療費を支払おうとしています。 彼らはタイのウェブサイトで公に援助を求めており、パタヤニュースではこれを再投稿しています。

家族は、サイアムコマーシャル銀行口座、2 2 1 2 2 6 8 7 3 9、普通預金口座を通じて少額の寄付も受け付けます。 彼らは、これらの困難な時期に彼らが持つことができるどんな助けにも感謝します。

カップルの家の状態。
地元の役人が家族と会い、援助を望んでいます。

 

SOURCEビンファンクラブページ
Adam Judd氏は、2017年XNUMX月からTPNメディアの共同所有者です。彼は元々アメリカのワシントンDC出身ですが、ダラス、サラソタ、ポーツマスにも住んでいます。 彼の経歴は小売販売、人事、運用管理であり、長年にわたってニュースとタイについて書いてきました。 彼はフルタイムの居住者としてXNUMX年以上パタヤに住んでいて、地元でよく知られていて、XNUMX年以上の間定期的な訪問者として国を訪れています。 オフィスの連絡先情報を含む彼の完全な連絡先情報は、以下の「お問い合わせ」ページにあります。 ストーリーはPatalystnewseditor@gmail.comにメールしてください私たちについて:https://thepattayanews.com/about-us/お問い合わせ:https://thepattayanews.com/contact-us/